自分に合った珈琲豆の選び方

2023-10-30

自分に合った珈琲豆の選び方

ひとくちにコーヒーと言ってもその種類はさまざま。
今回はコーヒーの風味や香りを決定付ける重要な工程「焙煎」に着目します。
深煎りや浅煎り…言葉は聞いたことがあるけれど違いがいまいち分からないという方へ。
是非ご一読下さい。

●焙煎とは


焙煎とは、コーヒーの原料である“生豆”に熱と圧力を加えながら炒る加熱作業のことです。焙煎前の豆である生豆は白っぽい薄黄緑色をしています。水分含有量が高く、味や香りもなく非常に硬いため、このままでは珈琲として飲むことはできません。焙煎を行うことで生豆に含まれる成分に化学反応がおき、コーヒー豆独特の苦みや酸味が引き出されます。
さらに熱と圧力の加え方、炒める時間や分量、空気の入れ方などが変われば、香りや味わいといった風味も変化します。

●焙煎深度


焙煎深度は「浅煎り・中煎り・中深煎り・深煎り」の大きく4つに分類されています。
短時間で焙煎することを「浅煎り」といい、豆の色は薄茶色で酸味の強い味わいになります。
逆に時間をかけて長く焙煎することを「深煎り」といい、豆の色は黒に近く、苦味が強くなります。

当店では深煎りから浅煎りまで、様々な種類の珈琲豆を取り扱っております。
また秋田県の実店舗には、オンラインショップではまだ通り扱っていない20種類前後の珈琲豆もございます。
是非実店舗にも足を運んでみてくださいね。

オンラインショップ▶https://aoionline.base.shop/
店舗情報▶https://aoicafe.com/wp/shop-information/

一覧に戻る